表参道の皮膚科のニキビ治療方法

ニキビでお悩みはありませんか。ニキビも肌トラブルのひとつです。まず表参道の皮膚科へ相談するのがはやく治る方法といえるでしょう。皮膚科に行ったことがない人は、不安に感じるかもしれません。ここでは、表参道の皮膚科のことやニキビ治療についてお伝えします。

表参道の皮膚科についての説明

まず皮膚科とは皮膚の病気を診察、治療するところで顔から手足、耳や鼻、口の中まで肉眼で見える範囲までが診察範囲となります。さらに、爪や毛も皮膚の一部として皮膚科の範囲に入ります。特に皮膚は内臓の鏡とも表現されているほど、症状が出やすい箇所でもあります。主な疾患としては、シミ、あざ、ほくろ、火傷、アトピー性皮膚炎、乾癬、水虫、爪水虫、帯状疱疹、じんましん、水疱瘡、脱毛症、ヘルペスなどが挙げられます。診察は視診や触診で診断できるものも数多くありますが、他にも皮膚生検や血液検査、顕微鏡を使ってのカビの検査など検査をして診断されるものもあります。治療には塗り薬などの外用薬、飲み薬の内服薬や外科的な治療も行います。

表参道の皮膚科でのニキビの薬

皮膚科でのニキビ治療は、塗り薬、飲み薬、医療器具を使用したりとさまざまな治療法があります。一般的にニキビの治療で主に使われるのが塗り薬などの外用薬です。外用薬による治療は、抗生物質と抗生物質以外の外用薬に分けられます。炎症しているニキビには抗生物質が含まれた塗り薬が処方されます。これは、ニキビの原因菌となるアクネ桿菌を殺菌する効果があります。また、ニキビの根本的な原因である毛穴が詰まることを解消するために用いられるのがディフェリンゲルやトレチノインです。これらは、ニキビに対してだけではなく肉眼でみえない毛穴のつまりや角質層の過角化にも効果があるとされています。ニキビの炎症がひどく重度の場合には、抗生物質が含まれた内服薬を飲むことになります。

皮膚科でのニキビ治療のすすめ

皮膚科では重度な症状があるニキビだけの治療ではなく、白ニキビや黒ニキビなどの軽度の症状も診察してくれます。適切な治療を受けることで症状の悪化を防ぎ、ニキビをより早く治療することが可能です。自分だけでは、わからなかったニキビの根本的な原因や毛穴を詰まらせる原因となった間違ったスキンケアの方法、生活習慣、ホルモンの乱れなどドクターのアドバイスを受けることでニキビの再発もふせぐことができます。ニキビも皮膚疾患のひとつです。早めに皮膚科で診察することをおすすめします。その他に、ニキビ治療の選択肢としてイオン導入やレーザーを使ってニキビ治療を行っているところもありますが、こちらは保険適用外になるので覚えておきましょう。