表参道の皮膚科と美容皮膚科は何が違うのか

表参道の皮膚科には、一般の「皮膚科」と「美容皮膚科」があるため、どちらを選んだらいいのか分からないという人も多いでしょう。ここでは、その2つの科の違いや、両方の科の治療を行っているクリニックに関すること、そしてクリニックの選び方などについて紹介します。

表参道の皮膚科と美容皮膚科の違い

まず、一般の「皮膚科」は、誰でもイメージするような、水虫やイボ、湿疹などの治療を行っているところです。そして、皮膚科で行われる治療は病気治療と見なされるため健康保険(患者の医療費が3割負担で済む)が適用されます。一方の「美容皮膚科」は、シミやシワなどを改善するといった美容に関する治療を行うところです。そして美容皮膚科で行われる治療は、基本的には一般の皮膚科のような病気治療ではないため、健康保険が適用されない自由診療(患者が医療費を全額負担)の場合が多く、保険が適用される場合と比べると費用が高くなるということが特徴だと言えるでしょう。またクリニックによっては、「皮膚科」と「美容皮膚科」を個別に行っている場合だけでなく、その両方の治療を行っているという場合もあります。

表参道で「皮膚科」と「美容皮膚科」の両方の治療を行っているクリニック

最近では、「皮膚科」と「美容皮膚科」の両方を行っているクリニックも増えていると言われています。元々は皮膚科を専門としていた医師が、美容皮膚科の技術を習得して行っているというケースが多く、皮膚に関する幅広い治療や相談に対応できるということが特徴だと言えます。シミやシワなどの治療を行いたいと思ってクリニックを尋ねても、自由診療は行っていないと断られるというケースもありますが、両方の科の治療が受けられるクリニックであれば、別のクリニックを探す手間がかかりません。患者にとっては、どちらの科で治療を受けたらいいのか分からないという場合も少なくないため、一つのクリニックでさまざまな治療が受けられることは便利だと言えるでしょう。

表参道の「皮膚科」と「美容皮膚科」の選び方

まず、皮膚がかゆい場合や、痛い場合、そして赤い発疹が出た場合などは一般の「皮膚科」を選ぶとよいでしょう。またその際は、医師の経歴などを調べて皮膚科専門医の資格(5年以上の皮膚科治療の経験が必要)を持っている医師を選ぶと、より安心して治療を受けることができます。次に、ニキビやイボ、ホクロについては、皮膚科と美容皮膚科の両方で治療を行うことができますが、皮膚科の場合は保険が適用される範囲内での治療になるため治療の選択肢が限られます。ですので、幅広い治療を受けたいという場合は、先ほど紹介した両方の科の治療を行っているクリニックを選ぶとよいでしょう。そして、ボトックスなどの注入系の治療に関しては、美容医療をメインにしている「美容皮膚科」を選ぶ方がよいと言えます。