表参道の皮膚科で受けられる診療

皮膚科とは、皮膚に出来た病変を診察、治療をする診療科です。皮膚は身体の一番外側で外敵から身を守る役割をしている器官です。慢性的な経過をたどる皮膚疾患や突発的に起こるかぶれややけどまで、受診する患者さんは多く、表参道の皮膚科はとても身近な診療科と言えます。

表参道の皮膚科はどんな時受診するのか

皮膚科は総合病院の中だけでなく、街なかのクリニックも多くあり、いざという時受診しやすい診療科です。皮膚科は皮膚はもちろん、器具を使わずに見ることができる人の外側の組織の疾患が対象です。爪や口の粘膜、陰部などにトラブルが出た時には受診することができ、湿疹や皮膚のかゆみ、水虫、やけど、最近ではAGA(男性型脱毛症)で皮膚科を受診する人もいます。
街の皮膚科クリニックで診察後に、大きな病院での検査と治療が必要と医師が判断した場合は、紹介状を持って速やかに指示された病院を受診しましょう。また広範囲のやけどや動物から受けた咬傷で出血があるなど、緊急性の高い場合は、直接大きな病院の救急外来に受診した方が良いでしょう。

表参道の皮膚科で行われる診療

皮膚科でまず行われるのは、病変部の視診です。多くの皮膚疾患は視診と問診で診断がつきますが、中には組織を削り取って顕微鏡で確認したり、皮膚がんの確定診断のための生検、アレルギーを調べるための血液検査やパッチテストもしてくれます。
皮膚疾患の主な治療方法は、軟膏の塗布と内服です。軟膏で身体の外側から、内服薬で身体の内側から効率良く治療を進めます。医師から指示されたとおり、毎日軟膏を塗布し内服薬を服用することが大切で、症状が軽快したからといって自己判断で止めてしまうことのないようにしましょう。
手術が必要な症例は、その皮膚科の規模では治療出来ない場合があります。その場合大きな病院に紹介され、そこで新しい主治医のもとで治療が始まることになります。

上手な表参道の皮膚科利用法

皮膚科の繁忙期は夏です。冬の乾燥によるトラブルよりも、夏の汗と紫外線によるトラブルの方がより患者さんを増やします。夏になると診療開始前から、入り口に患者さんが行列をつくって待っている様子が見らるのも、皮膚科の特徴です。診療開始時間になってから受診すると、2?3時間待ちなど当たり前で、待合室に座りきれない患者さんが立ったまま待っていることもあります。このため、診療時間前から並んで早い順番をとった方が、結果として待ち時間は短くなる傾向があります。順番が近づいたら電話やメールで知らせてくれるサービスを導入している皮膚科も増えてきています。それらのサービスの充実と、医師、看護師との相性を含めて総合的にどの皮膚科を受診するか判断すると良いでしょう。